りんごの皮の活用方法

お風呂に入れてフルーツ風呂を楽しむことも時々やっています

りんごの皮にはたくさんの栄養があるので捨てるのはもったいない : お風呂に入れてフルーツ風呂を楽しむことも時々やっています : りんごの皮と果肉を使ったレシピもあります

和砂糖と一緒に煮込めば和風の味になりますし、りんごの種類によって味も香りも変化するのでお気に入りの味を追求するのも面白いです。
砂糖を加えて煮込めば防腐処理になりますので、冷蔵庫で3日から5日ぐらい保存することが出来るために、朝食のトーストの上に載せて楽しむことが出来るのがお気に入りのポイントになります。
オレンジなどの皮と一緒に調理すれば、ピールジャムとしてより豊かな風味と彩りになり、アレンジを楽しむことが出来るのです。
食用として食べるだけではなく、食後のデザートに剥いたりんごの皮をガーゼで包み、お風呂に入れてフルーツ風呂を楽しむことも時々やっています。
りんごに含まれるリンゴ酸を含むAHAは角質を柔らかくするのでピーリング効果があり、さらに適度なフルーツの香りはヒーリング効果があり入浴のリラックス効果を高めてくれるのです。
ゆっくりしたい時や時間のある時には、こうして不要になった果物の皮を再利用してみることにチャレンジしたり、雑誌やインターネットで情報を集めておいて実践することがこだわりポイントになっております。
果物の皮で定番なのは他にはみかんやレモン、なんと言っても定番はゆず湯やしょうぶ湯です。
体が温まりやすくなり保湿効果もあり、季節の風物を感じながら夜長を満喫するにはお風呂への一工夫が費用対策効果が抜群になります。
余ったお酒などのアルコール類や、お米のとぎ汁などにも同様の効果があるので時間のある時には美容効果の高い美容湯にチャレンジしています。
翌日のお風呂掃除を念入りに行えば汚れも臭いも付きません。